こわオルブログ

こわれたオルゴール管理人のさなスターが、
今日の教訓と愚痴と人生論を語りまくるブログ。
<< 好機一髪 | main | * いえのなかにいる * >>
Let me soy sauce
サムいです。エアコンの暖房が効いてる気が全くしないです。
なんか例年より寒い気がするのは私が老いたからでしょうか・・・

以前公開したゲームを更新してみました。鳥焼男。
場所は同じくイカ缶小宇宙のゲームとか置き場です。
そろそろ置き場所の分かりにくさを何とかしたいですが、良い案が浮かばず…

昨日の記事で書いたように忙しかったんですが、
特に文化祭は、プログラミングコンテストの活動が夏休み返上モノだったせいで、
展示作品に時間を割けませんでした。
残り時間一週間のときから、半ば手抜きの機能追加。
新しく作るステージに新機能をふんだんに盛り込むことで虚勢を張ってます。
これ以上新機能はつけないと思いますが、遊んでやってください。
以下、次に作るゲームの話。
鳥焼男を改良する気が無いのは、他に作りたいゲームがあるからです。

Javaでオセロ作ってみました。
基本的なシステム自体はすぐにできるんですよね、これ。
↓クリックで拡大↓
まさかの新ルール付き
石が謎鶏ですがお気になさらずに・・・

ただ、普通のオセロを作って何になるでしょうか。
そんなの世界中にいくらでもありますし、強い人はいつも強いです。
では、新ルールを付けたら?
そう考えるとワクワクしてきて、思わず作り始めてしまいました。

上の画像を見たら、明らかに不自然だと思うはずです。
いや、石が鶏なのはまだ画像が無いから代用してるだけですが、そうではなく。
実は、通称「地球周りルール」を付けてみています。
トランプの七並べやスピードでよくあるローカルルールですね。
ボンバーマンのバトルステージにもよくありますね。
左端と右端、上端と下端が繋がってるというわけです。
普通のオセロのプログラムにちょっと改良を加えれば、
すぐにこのルールは付け加えられます。まぁ、下地あっての成果ですが。
詳しい人向け → Javaの得意とする継承とオーバーライドってやつです。

このルールで、このプログラムを使ってPC部員と対戦してみた。
…壮絶な戦いとなりました。
オセロじゃないのにオセロ。これはやばい。
まず、四隅が安全地帯にならない。さらに、内側・外側の概念は崩壊する。
終盤なんて六方向反転とかザラです。
毎ターン毎ターン、逆転に次ぐ逆転のオンパレード。
最後の一手まで全く結末が分からない。
オセロ以上にオセロ。とんでもないものを作ってしまった気がする…。

普通のオセロ盤でも出来るので、是非頭の良い人と対戦してみてください。
たまにルールが分かりにくくなりますが・・・
相手の石を挟むとき、石一つでは挟めないという事に注意です。
置いたマスから一周して同じマスに戻ってくるような時は反転できません。

このルールは誰でも思いつくので、さらに新ルールを作るために奮闘・・・
は、他の事が片付いてからゆっくりやろうと思います。
公開は来年の7月の学校説明会くらいかな〜…って感じなので。

鳥焼男で、絵のスキルに僅かな上達が見られた気がするのですが、
それでもまだ下手っぽいので憂鬱です。
…今の私にはどう考えても休息が必要なのですが・・・まぁ、この話は次回。
| マイプログラミング物語 | 01:12 | comments(1) | trackbacks(0) |
オセロやってみました。
疲れた。

鳥狩りにいってきます。
1000匹狩ったら報告するんだ…。
| たんしお | 2008/12/22 4:33 PM |










トラックバック機能は終了しました。