こわオルブログ

こわれたオルゴール管理人のさなスターが、
今日の教訓と愚痴と人生論を語りまくるブログ。
<< スローライス | main | やっち前 >>
反乱に満ちた人生
PC部物語第二段。
専門的マニアックな話はギリギリまで薄めて香水にしておきました。(謎

うん、例え文化部でも疲れるものは疲れるんですよ。
さすがに息切れや日焼けや筋肉痛は皆無なのですが、
姿勢が全く変わっていないような、止まってるような、そんな感じです。
不思議と、目はほとんど疲れないんですよ。
これが私の自慢の一つ。

関係ない話をここに書くことに謝罪の意を申し上げますが、(長
私の学校には放送部がないんですよ。
で、だったら自分で作れば良いじゃないか、と
新入生の私が何か不適な笑みを浮かべてますよ。(何
ある友人との間では、何故か私のあだ名はDJサム
「俺、寒がりなんだよ。まだまだ長袖だよ。クーラー完備は迷惑なんだよ。
 本当に寒がりなんだよ。もうこれは名前が寒(サム)でもおかしくないよ。」
この、間に息を置かない一続きのセリフだけでキャラ確立。

上手くいけばPC部帰宅部放送部かも。
いや、絶対に上手く行かないだろうけど。
ここからはPC部の活動について。

どうやら、オープンスクールらしきものがあるらしい。
羨ましいほどに暇を持て余す中学生が高校に遊びに来るやつ。
その時に、PC部の作品展示としてプログラム作品を置けるとか。
いや、きっと無理なんだろうけど。

友人が「ここでこうなるようにやってみてよ。」とか言うんですが、
私は「いや、そんな高度な事はできないんだよね。」とか言うんですが、
脳内ではプログラム構築済み。
ただ、それを実際に書くとなると、正直だるい、ただそれだけ。


実は、クイズゲームを作ったんですよ。クイズゲーム。
このゲーム、入部から約10日で完成したことを先に記しておく。
ちなみに、休日は部活無し。
フロッピーディスクを使えないので家では放置。それでも。
乱数によりランダムで問題を抽出し、出題。
四択で答えさせ、正解か不正解か判定。
3問ほど答え終わったところで、正解数と正解率を表示。そんな感じ。

・・・すいかのマリオネアを若干参考に(ry
どうして第何問目かで問題を分けるべきなのかがやっと分かりましたよ。
そうしないと、同じ問題が重複して抽出されてしまう。
それぞれの問題が選ばれるチャンスを1回限りにする必要がある。
全ての問題に番号をつけておいて、
同じ問題が2回目以降は選ばれないようにするプログラムの構築も、
問題なく作れるはずなのだが、正直だるい(ぉぃ

ちなみに、このクイズプログラムの欠点は、
プログラムの中に問題をコピペしていくのが重労働であること。
家のパソコンなら俄然やる気が出るのだろうけど、
PC部だけの活動では時間も足りないし・・・


クイズプログラムの次に今作ってるのは、シュミレーションRPGですよ。
C言語の基礎だけで物語を紡ぐにはこのジャンルが一番。
まだまだマップやら画像やら、果ては画面書き換えすらできないのに、
文字表示と条件分岐だけでRPG。
これをプロにやらせてもできまい。アマだからできるのだ。 (自慢になってない
足りない技術をネタで補う勢いです。

まず、主人公の名前を半角英数で入力。
この時、10文字を越えるような入力があれば何度でも聞き返す。
そして、冒険が始まって行き先を選択。
行き先によってシナリオが展開していくのだが・・・
なんと、戦闘シーンを導入。
日本人なら誰でもご存じのじゃんけんで戦うのです。
グーで勝てば『グリコ』発動。3ダメージ。
チョキで勝てば『チョコレート』発動。6ダメージ。
パーで勝てば『パイナップル』発動。6ダメージ。
・・・何だこのローカルルールは。
そんなことよりも、敵の手がランダムで選ばれる部分が一番の自慢。
なんだか凄く良好なバランスの戦闘になってしまいました。

この物語、半端無く さなスターワールド展開中。
焼鳥屋の店主「鳥焼男(とり やきお)」が襲いかかってきたり
恐い先輩と優しい先輩が怒濤を組んで勝負を挑んできたり
しかもこの2人がオカルトな手法で死神を呼び出したり
ニワトリまでもがその一声で死神を呼び出したり

なんかもう、分かる人にはバカウケな内容です。

死神は、選択肢を選ぶときのキー入力で、
変な文字を入力してきたときに現れるのです。
 (専門的意訳: まだscanfしか使えないのが最近の悩み)
しかも、ちゃっかりジャンケンで戦っちゃいます。
めっちゃ強いです。こっちのHPは100、これでも高いのに、
死神のHPは45000。よんまんごせん。
最高でも6ダメージしか与えられない戦闘なのにこの強さ。
良いんです、バグエンドだから。


そもそも「RPGと言えばマップ画面つき」という概念はおかしいと思う。
Role Playing Gameの略のはず。
役割さえ演じられればゲームが成り立つはず。
そこにマップがあるのはあくまでパフォーマンス。
・・・初心者には無理です(汗
そこで、"マップ上を歩くRPG"を特別に「MRPG」と呼ぶことにする。
いや、私が呼ぶだけだから、テストで書いたらバツですよ。(何

では、「食事戦隊炊飯ジャーMRPG」のプログラムデザインでも妄想しながら、
テスト勉強でもしますかね・・・。
| マイプログラミング物語 | 20:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
>うん、例え文化部でも疲れるものは疲れるんですよ。
何かをすると疲れるのは必然です
何もしなくても疲れてる人が?
・・・きっと息をするのが・・・(爆)

>正直だるい
面倒ですね・・・確かに(同意すんなよ)
ランダムでも同じ問題が出ても答えがわからなかったら意味無い
まぁ何100回として答えをメモルなら別ですが(ぁ)

>これをプロにやらせてもできまい。アマだからできるのだ
どんな感じか想像できますな・・・壁の当たり判定に
ご注意ください・・・ハマルとバグリマス
(それってツクールでもあるじゃん 
 それ以前にブラウザゲームぽいかんじがぷんぷんしますw
 ブラウザゲームの場合壁無いじゃん 汗)


>10文字を越えるような入力があれば何度でも聞き返す
そんな長い名前付ける人いるのか・・・汗

>何だこのローカルルール
階段の競争ですか?全ては運任せ・・・なんて斬新!!
・・・いやドカポンであるけどさ・・・汗

>さなスターワールド展開中
ここは妄想・・・もとい・・・想像ですねw
僕が作ったRPGは全て熱血系に・・・汗
ギャグ?お粗末なネタしかありません(笑えません)

>死神のHPは45000。よんまんごせん
がっは・・・これに勝てる奴はどんな強運だよw

>いや、私が呼ぶだけだから、テストで書いたらバツですよ
いっそのことRPGツクールで作ってみては?(爆)
まぁオリジナリティが極減するのは目に見えてますか・・・汗

う〜んしかし・・・フリーの言語Hot Soup Processor
とか・・・他にもたくさんあるけど・・・
やはり1長1短で・・・アレを取るとアレが・・・(何)
まぁどのツール使っても・・・これだけはいえる!!
『絵が下手な人は絶対オリジナル作品を作ってもしょぼい』
ぁうぁう・・・汗 某 達人?さんから言われましたとも
(某って付ける意味ねぇ)
ま・・・一番使いやすく使い慣れてる
RPGツクール2000でしかオーダーは受け付けてません(何)
古い?旧い?まぁどっちでもよろしいw

ちなみにオーダーと書いたがリクエストは受け付けてませんw
(なら書くなよ)
| ナナシ=ゴンベエ | 2006/06/02 12:45 AM |

香水>焼鳥の匂いがします。

DJサム>ではこれからHNは「さむスター」で(死ね

PC部兼帰宅部兼放送部>何故かてる魔王が出てきました。

正直だるい>それは禁句ですよ(汗

クイズゲーム>イカ缶小宇宙に置けないのが残念でなりません。置かれてもやるかどうか分かりませんが(ぇ

足りない技術をネタで補う>GOODJOB!

10文字を越えるような入力>スリジャヤワルダナプラコッテは駄目なんですか…(何考えてるんだ

ローカルルール>おまけは付かないんですか?

焼鳥屋の店主>道理で焼鳥の匂いが。

怒濤>えええええ!?

オカルトな手法で死神>戯曲ファウストですか?

ニワトリまでも>まさか焼鳥屋の(ry

バカウケ>その一人です。

よんまんごせん>何時間かけろと?暇人だからいいけど。

テストで書いたらバツ>ええっ!?

食事戦隊炊飯ジャーMRPG>マップ付くんですか。安心。
| たんしお | 2006/06/02 4:44 PM |










トラックバック機能は終了しました。