こわオルブログ

こわれたオルゴール管理人のさなスターが、
今日の教訓と愚痴と人生論を語りまくるブログ。
<< 一期一会二期二会三期三会 | main | ガチ摂取 >>
なまら沼らしい
前回の記事に引き続きアニメ感想。2015年10〜12月分+α。
ワンパンマン、ごちうさ2期、ゆるゆり3期、憑物語+終物語

何周も見たくなるアニメが同時に来てつらい(満面の笑みで)
面白すぎて感想を書くのが楽しいです。短くまとめるのが難しいほどに。
この感覚を小学生の頃から持っていれば夏休みの宿題に悩むこともなかっただろうに・・・
完全に自分で見直す用なのでそんなこともないですけど。

以下だべり。※個人の感想です。
例によって下に行くほど面白かった順。
今回は甲乙つけがたいですが。


憑物語』:小説原作の特別編その2
>ニコニコチャンネル
終物語』:小説原作の4期
>ニコニコチャンネル
憑物語は、斧乃木余接が人間ではなく人形であり、怪異である所以を覗き見る物語。
終物語は、シリーズ主人公である阿良々木暦の愚かさと愚かしさが招き寄せてきたものの物語。
相変わらず面白いのですが、今までのような度肝を抜く意外な展開は控えめ。
これまでのように、あの忍野メメのように、眼前の物事を言葉で言い表そうとしてみるものの、
しかし昨日今日それを知ったような青年にはそれすら敵わずに、混沌の迷路に足を取られる。
そんな苦しい展開が続き、辿り着いた結末にも救いは無い。
救いは無いが、希望ならある。
言葉で言い表せない物ばかりの世の中も、悪いことばかりではない。
そんな落ち着いた物語なので、1期のような激動の展開を期待すると肩透かしかもしれません。
これで終わりではなく、まだ何か隠し持っていますね。扇の存在とか特に。

ゆるゆり さん☆ハイ!』:漫画原作の3期
>ニコニコチャンネル
楽しい日常をもっと楽しく、もっと面白く、をモットーに生きる少女たちの物語。
2期までとは雰囲気も作風もスタッフもガラッと変わっているようです。
ギャグ重視から“ゆり”重視にシフトしてきています。原作再現度が高い。
ありきたりな日常会話が1つの結末に収束していく爽快感。
特別なイベントに頼らずとも、毎日がワクワクに溢れている感覚、まさに青春。
最近は特に、今までの固定的な関係性の枠をぶち破って
新たに多様な関係性の可能性が追求されているので、本当に毎日がワクワク。
一粒で無限においしい。見る度に新たな発見があって飽きないです。
ギャグ要素は完璧で、もうとにかく笑えて仕方ない。発想が天才すぎる。

ご注文はうさぎですか??』:4コマ漫画原作の2期
>ニコニコチャンネル
喫茶店で働く少女たちの成長の相互作用を見守る物語。
1期で精神的に大きく成長したチノがさらに成長。自然な笑顔が感慨深い。
そしてついには他の友人たちの成長を促せるまでに。感無量です。
毎回3パターンの成長ファクターが欠かさず描写されているのが興味深い。
上級生が下級生へ新たな機会・世界を提供し、自分なりの正しい道を示す。
同級生同士で視点や体験を共有し、その差異から互いの個性を再認識する。
大人は子供に対して過剰に干渉せず、子供たちの自主性を後押しする。
それぞれの役割というか作用、効果の出し方が的確なのにさりげない。
このパターンを頑なに崩さないから安定感が生まれているように思います。
ココアの姉の登場も、上級生組を下級生として見直せる会心の試みです。
成長する子供たちと対比するように、大人たちが成長しない様が描かれているのも面白い。
これらの構造が狙って作られていなかったら逆にビビるレベルでよく出来ています。
笑顔無しには語れない成長劇。深い。永遠に語り尽くせない。
しかも癒される。ギャグ要素もどんどん磨きがかかってます。
シャロの声がハマり過ぎてて怖い。発狂声が癖になる。

ワンパンマン』:web漫画原作
>バンダイチャンネル(第一話無料。ニコニコチャンネルでは生放送のみ)

強くなりすぎたヒーローの苦悩と脱力をリアルに描く物語。
文字通り必勝無敵の力を手に入れてしまった主人公の・・・何?(ぇ
度を超えた強さに人間性が追いつかず、勝利条件という概念が服を着て歩いている感覚。
この物語は、その勝利条件を人類の脅威へ到達させるまで持ちこたえる人々の群像劇。
誰もが心に自分のヒーロー像を持っている。少しの力さえあればそれを体現できる。
強くなかったらヒーローじゃない。だけど、強いだけがヒーローじゃない。
個性豊かすぎて困る多種多様なヒーローたちが己自身を体現する様が熱すぎる。
戦闘シーンは迫力の小宇宙。まるで映画。
他の作品だとクライマックスでしか見られないような光景が毎回見られる。第一話から。
これぞ求めていた「お気楽だけど奥深い」系のアニメ。単行本買わなきゃ・・・


2015年のまとめ。
ニセコイ:ラブコメ大賞
のんのんびより:文化奨励賞
ゆるゆり:ギャグ大賞
ごちうさ:主演女優賞、歌曲賞
ワンパンマン:バトル大賞、ファンタジー大賞、主演男優賞、美術賞
艦これ:マイベスト作品賞(アニメは除く)
ほぼ今期ですねぇ・・・ハマり過ぎて私生活に影響が・・・

そういえば書いてなかったですが、
2014年のマイベスト作品賞は結局桜trick以外のノミネート無し。
というわけで桜trickが受賞という結果に。何故なのか・・・。
2013年から引き続きネプテューヌにハマってたとは言え、これは・・・。

見てるばっかりで創作に反映できてないです。
なんかもうずっと体調不良で身動き取れてないです。
アニメのお陰で精神的には最高の状態なんですけどね。
ペンタブに積もった埃の厚さがエグい・・・
| 趣の味 | 22:00 | comments(0) | - |