こわオルブログ

こわれたオルゴール管理人のさなスターが、
今日の教訓と愚痴と人生論を語りまくるブログ。
<< 七百転八千倒 | main | 絨毯ビフテキ >>
ノーヘル通学賞
新学期が始まりました。すごい忙しさだ・・・
春休みをFE蒼炎で潰してしまったので、挽回の機会をうかがってます。
なんでクリア特典全解禁が15周クリア後なんだコレ・・・

以前の記事に引き続き、アニメの感想です。
1月から3月。微妙なアニメが多いなと思ってましたが、
結局12本も視聴継続してしまいました。いわゆる豊作ですか。
(ジョジョ、因幡、ささみさん、カグラ、ジャイロゼッター、戦勇、琴浦さん、
 リトバス、はがない、みなみけ、ヤマノススメ、さくら荘・・・計12本)
これでも学業のために何本も途中で諦めてるんですけどね。
(たまこま、ビビオペ、問題児たち、UL京介、
 まおゆう、GJ部、gdgd妖精s、ぷちます・・・8本か)
なんでこんなに一点集中するんでしょうね。
アニメって凄い。これで儲かるならもっと凄いのに。
しかしネット配信って本当に便利ですね。
録画管理の手間がいらないとか、暇が無くてもつい見ちゃうじゃないですか。

次は春。とあるシリーズくらいしか見るものが無さそうで助かります。
あんまり面白いアニメを放送されると、何度も見ちゃいますから・・・
以下、細かく。駄文長文スマソ(死語)
下に行くほど個人的評価が高いアニメです。
つまり上の方は・・・・・・読みたい方だけどうぞ。
つい長く書きすぎたので、一日で読み切ろうとしない方がいいと思います・・・


さくら荘のペットな彼女』:ラノベ原作、青春物
>ニコニコチャンネル(あるけど非推奨)
天才と凡人の共同生活に見える酸いも甘いも青春に昇華する物語。
最初の数話が凄く面白かったから油断していた・・・
途中から全然入り込めない寒い展開。色々と雑。
失敗を後の成功へのバネにすることもせず、ただ話をこじれさせているだけ。
最終的にはセリフを全部聞き流して、音と光を感じるだけでした。
これならコメディメインにしてくれた方がよっぽど良かった。
これでも原作はもう少しまともで、アニメ化の際に改悪されまくったという噂。
映像作りやギャグが上手いだけに残念、勿体無い。惜しいことをした。

僕は友達が少ない』:ラノベ原作の2期、ラブコメ
>ニコニコチャンネル(1期のみ)
いつか友達を作ろうと夢見る少年少女たちが共に歩む物語。略称は「はがない」。
見た感想としては・・・下品だ。(褒め言葉)
中高生が見ても楽しめないんじゃないかってくらい下品で低俗。
これでギャグ要素がスベってたら救えないが、何だかんだで面白い。
むしろ低俗さの極限を目指すことを作品の芯としているので好感が持てる。
サブカル界隈に対する風刺が小気味良い。難易度はかなり高いですが。
私が気に入ったキャラは小鳩ですかね。いや他が酷すぎて。

琴浦さん』:web漫画原作、オカルト系ラブコメ
>ニコニコチャンネル
心を読む超能力のせいで不幸になった少女・・・を助けた少年の物語。
シリアスとコメディを融合させずに重ね合わせる絶妙なバランス。
内容は若干薄いですけど、起伏が激しいので見ていて楽しい。
展開を予想できていても感情動かされちゃいます。
シリアスの後で見る琴浦さんの笑顔の可愛さ倍増効果は見物。
アニメ全体に漂う安っぽさと内容のギャップも面白い。
と言っても、配信が無かったら見てなかったかな・・・

リトルバスターズ』:ゲーム原作、ファンタジー的青春物
>ニコニコチャンネル
前期から引き続き。
感動の押し売りすらできずにシリアスの消化不良になってはいますが、
この友情押しは今時珍しいので飽きない。今はそっちが目的です。
本筋が回想っぽいのは、来シーズンのための助走段階だかららしい。
いろんなキャラがいますが、小毬が群を抜いて可愛いと思いました。
性格に難ありなのは全員なので諦めがつく(ぇ

みなみけ ただいま』:漫画原作の…4期?、ほのぼのコメディ
>バンダイチャンネル
三姉妹の面白おかしい日常を淡々と見るだけの物語。
絶対に2期を見てはいけません、というウワサ。ご注意を。
私は1期しか知らなかったので助かったらしい。
笑えると言うより、ほっこりする。和む。癒される。救われる。
保坂が出る回だけは打って変わって爆笑ものですけども。安心の気持ち悪さ。
特に野菜の話はヤバかった。ミュージカルだった。レッツおやさい。
小学生組は癒し、中学生組は笑い、高校生組は狂気、という感じですね。
高校生組以外は早送り&ながら見でした・・・。合う人には面白いはずですが。

ヤマノススメ』:漫画原作、ハートフルコメディ
>ニコニコチャンネル(第6話まで無料)
登山やピクニックで親交を深める少女たちの物語。
登山業界の宣伝に終始したアニメ。それにしては完成度が高い。
1週4分なので軽い気持ちで見れてしまいます。中身も無くはない。
他の短時間アニメと比べて圧倒的に毒気が無い。平和さが良い感じ。
女の子が可愛い。食べ物がおいしそう。私の目的は後者でした。
ここまで食べ物を美味しそうに描けるとは。もはやグルメ作品。

戦勇。』:web漫画原作、バトル系ギャグ
>ニコニコチャンネル(全話無料)
選ばれし勇者が王宮戦士と共に魔王との戦いに挑む物語・・・をなぞる物語。
ギャグとバトルの融合は大好きです。
ネタ自体の面白さもさることながら、約4分の放送時間の密度が凄い。
かなりスピーディで笑う暇も無い。一時停止するしかない。
オープニング映像にも一見の価値がある。無駄に熱血すぎる。
それとルキが異常にかわいい。一緒にTRPGしたいタイプ。
これのネットラジオもそこそこ面白い。戦勇ならではの馬鹿馬鹿しさが特に。
ルキの声が超かわいいのに、webラジオでは地声なのが残念。

超速変形ジャイロゼッター』:ACゲーム原作、ロボットバトル
>ニコニコチャンネル(テレ東の一覧)
選ばれし少年たちが変形ロボットによる戦いを通じて成長していく物語。
熱いバトルを求めて、少年向けアニメにも手を出していく。
実際バトルはバトルだったんですが、何だこれは・・・
バトルを見に行ったのに、ギャグとして楽しんで満足して帰ってきました。
セリフ回しがいちいちおかしいし、変形が変形に見えないし、警備はザルすぎるし、
他にもツッコミ所だらけで、もはや目が離せないレベル。
ヘンテコさが子供騙しではなくシュールなギャグになっている絶妙さ。
とても子供向けとは思えないネタの数々に抱腹絶倒でした。
特にバレンタイン回は凄まじいカオスだった・・・なんだあれは。

閃乱カグラ』:ゲーム原作、ファンタジー忍者バトル
>ニコニコチャンネル
忍者学校の厳しい修行や悪忍との戦いを友と共に乗り越えていく物語。
若い女性の豊満な胸部の描写に心血を注ぐバカアニメ。
修行やバトルを乗り越えて心身共に成長する、まさに友情・努力・勝利という、
見た目に反してストーリーは至極真面目で熱血で王道・・・
と思いきや、敵キャラたちがとてつもなく濃い。絶対笑わせに来てる。
ツッコミ所を悉くスルーするどころか有効活用してしまうので超シュール。
映像と物語のギャップも凄まじいですが、どちらも別ベクトルで面白い。
お色気要素のための強引な展開というのがほぼ無いので好印象です。
というかお色気要素すら笑えてくるレベル。常識も脈絡も物理法則も関係ない。
ゲームならではの謎システムをあえてそのまま使うのも面白い。
ゲーム原作アニメは良作が多い気がします。どんどんやればいいと思う。

ささみさん@がんばらない』:ラノベ原作、日本神話系ファンタジー
>バンダイチャンネル(第1話無料)
>ニコニコチャンネル(第1話有料)
日本神話が現代まで続く世界で紡がれる絆の物語。
不思議系アニメの皮を何重にも被ったドタバタコメディ。
いつものシャフト劇場。アートな映像とコントな会話が面白いが、完成版はBDで。
そんな喜劇の序盤から一変、悲劇からさらに愛憎劇へと劇的シフト。
これがまた、超展開という言葉も軽いくらいの急転直下が刺激的で面白い。
息を呑むような展開に思わず引き込まれる。飴と鞭ですね。
この無茶な設定で、絆で困難を乗り越えるとかいう王道展開をやるとは。
何も考えずには見られない高難度アニメ。私好みですが、流行らないでしょうね。
ささみさんが服を脱いだりしても色気が足りずサービスになっていないのも独特。
・・・これのネットラジオが地味に面白かった。作業BGMに良いですね。
特にWカナさんの回は丸一日エンドレスで流したくらい耳が幸せでした。
・・・少年サンデーでコミカライズ版がありましたね。
アニメと大した差は無いのでアニメだけ見てればいいような。なんか雑。

ささみとかがみの深すぎる友情、ささみの母との確執、兄の謎。
どんな超展開でも、根底にあるのは絆なんですね。泣かせますね。
自分なりに考えて正しい行動をしたつもりでも、そんなの言わなきゃ分からない。
どんなに深い絆でもすれ違いが起き、絆が深いほど引き離す痛みも強い。
しっかり向き合って目を見て話し合えば、最後は分かり合える。
人間関係はシンプルイズベストなのに、そうもいかない難しさが垣間見える。
難しくしているのが、単なる人間の感情であるというのがまた興味深い。
こんなに異な物に満ちた世界でも、最初と最後は人間が決める。
・・・長くなりすぎるので以下略。いやぁ、よくできてます。濃厚です。

キューティクル探偵因幡』:漫画原作、ハードボイルド系ギャグ
>ニコニコチャンネル
オオカミの探偵とヤギの怪盗との波乱万丈な対決を描いた物語。
ホモくさいけど面白い。ホモくさいけど。
見始めれば分かるんですけど、ホモくささはヤギくささにかき消されます。
ギャグアニメとしてかなり完成度が高いです。これは良い。
あまりにもテンポが良くて25分が長く感じる。お得感あります。
動物ネタとSMネタを欠かさないので視聴継続し甲斐がある。
真面目な展開になっても普通にカッコよかったりする。銀魂を思い出す。
意外とかわいい女の子も出るのでその辺も安心(ぇ
エンディングテーマも非常に良い。聞けば聞くほど好きになる。ヤギですが。

ジョジョの奇妙な冒険』:漫画原作、熱血系異能バトル
ニコニコチャンネル
第2部に入ってからも加熱が止まらない、バトル漫画の最高傑作。
第1部と比べるとギャグ要素の割合が急上昇してますが、
それでもやっぱりジョジョは熱かった。
ボケ倒した後でも熱血の心理戦でキッチリ締める。
魂と魂のぶつかり合い。拳と拳の語り合い。
戦士として生まれて戦士として死ぬ。
その姿こそ正に我々が最も尊敬するべき「ヒーロー」の姿ッ!
それは同時に、見習って背を追うべき「リーダー」の姿ッ!
彼らの歩みには「強さ」があり「優しさ」があり・・・・何よりも「勇気」があるッ!!
模倣でもいい・・・非力でもいい・・・我々もその「勇気」に学ぶべきだ!
それこそが強さであり、優しさであり、生きることそのものなのだから!

ジョジョは超熱血ですが、随所で馬鹿馬鹿しい。
他のアニメでもその傾向が見られます。ボケないと死ぬ病なのか。
それは完全無欠のヒーローではなく、誰とでも打ち解けられるリーダー。
心から尊敬でき、目標となる、しかし対等な仲間。
見ている自分たちも一緒に戦っているという共感。
王道が王道たる理由が見えてくる気がします。見て損じゃなかった。


以上。
受賞発表。
バトル大賞はジョジョ、ギャグ大賞は因幡、ファンタジー大賞はささみさん。
歌曲賞はジョジョ、主演女優賞・美術賞・文化奨励賞は全部ささみさん。
というわけで、2013年のマイベスト作品賞にはささみさんがノミネート。
何回繰り返し見たか分からないです。セリフを全部覚えてしまう勢い。
年末の選考が楽しみですね。自分だけが。
なぜジョジョではないか?・・・面白さと楽しさは違うのですよ。

↓丁度見つけたお気に入りMAD


次シーズンは本当に超電磁砲しか見なさそうです。
1話目が配信されたのはだいたい見ましたが、全然惹かれない。
時間が空きそうで助かります。地味にやること多いので・・・
| 趣の味 | 22:11 | comments(0) | - |