こわオルブログ

こわれたオルゴール管理人のさなスターが、
今日の教訓と愚痴と人生論を語りまくるブログ。
<< 金メキッ | main | 密室で起きた忙殺 >>
エイプリルクルーラー
エイプリルフールのこと忘れてました。
そんなことより偽物語のアニメを見たせいかミスタードーナツ食べたい(謎
何も用意してないので真面目に書きます。

この記事の以下の内容はフリー素材です。
小説、漫画、ゲームなどのシナリオでのみ利用可。
改変・商用利用など自由です。ただし報告は下さい。二次配布も禁止で。

時は西暦2855年――
化石燃料の枯渇、陸地面積の減少、太陽活動の沈静化。
人々は限られたエネルギーを求めて争い、その争いがさらに資源不足を加速させた。
戦争が終わった人々を救ったエネルギー源――それは古代日本の"陰陽術"だった。
とある研究者が陰陽術の原理を科学的に解明し、実用化を達成した。
道具に刻まれた印はスイッチ一つで動力を供給し、基盤の紋様が作用を制御する。
世界のエネルギー問題は解決の目処が立ったように見えた。
しかし未だごく一部の限られた研究者だけが陰陽機械を設計できる状態だった。
世界のエネルギー不足を解決した技術も、一般には公開されず独占されていた。
世界中の研究者が陰陽工学の原理を研究したが、誰もその本質に到達できなかった。
人々の生活は豊かになったが、その理由は誰にも分からなかった。

一方、大阪のとある企業。かつて工業分野で時代を牽引していたものの、今や落ち目。
彼らは行き詰った経営を立て直すために起死回生の戦略を打ち出した。
京都に本部を置き、陰陽工学の技術を独占している『陰陽道総合研究所』――
これを悪と見なす。
大阪に本社を置き、陰陽工学の技術を奪取する『○○(名前は自分でつけて下さい)』――
これを正義と見なす。
正義ならば悪を正せ。その手段は一切問わない。それが"経営戦略"である。
そしてこの時を以って、時代の主導権を奪い合う熾烈な"戦争"が始まるのだった。

(フリー素材はここまで)
■ 改変例 ■
大阪の○○社の名前だけでなく、規模や所在地、経営陣や社員の構成も自由ですね。
個性ある人物、テーマに合った人物、物語を動かす人物、など自由に追加できますね。
主人公は平社員でもいいし、中堅社員でもいいし、社長でもいい。自由すぎる。
同じような作戦を実行している会社が他にも多数あると波乱万丈にしやすいかと。
あと、陰陽道総研のバックについている組織について考えてみるのも良いかも。
独占された陰陽工学の技術の裏に潜む謎によってテーマが左右されるかと・・・
化石燃料が無いので陰陽機械を使わないと戦えないというのがミソの一つになりそう。
技術を奪うことが目的であり、必ずしも敵を打倒しなくても良いというのもミソ。
恐らく頭脳戦メインになるんでしょうか。武力衝突というのも面白そうですが。


〜 以下、言い訳タイム 〜


なんか思いついちゃったけど、私には絶対書けないなぁ・・・と思ったのがこれ。
そもそも陰陽術が何なのかすらよく知らないですから。
本当にエネルギー源になるのか? というのは勝手に補完して下さい。
何故思いついたかなんて聞かれても、私にも分かりません。
思いつくことと作品を作ることは違いますから。

実は客観的に見るとオリジナリティはほとんど無く、
陰陽術を他の物に置き換えるとわりとポピュラーな設定になることは秘密(ぇ
具体的にはテイ○ズとかテ○ルズとかテイル○とか・・・
作っている間は全く気づかなかったので大目に見て頂けると嬉しい。
でも、和風テイストSFというのは今まで無かった・・・はず。知らないですけど。


・・・身の丈に合った小説に集中します。はい。
| たかがネタ | 17:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
あくまで舞台は現代だけれど陰陽。ふむ
陰陽ってーと風水のイメージが強いけれど、
平安?くらいの学者は大体陰陽師でひとくくりだったみたいだし、
いろいろ広げようはあるのかな。

限られた、相手側に独善されたエネルギーをうまく奪って下克上を狙う、みたいな。
うん、書けないですね
| たか | 2012/04/01 11:00 PM |

パルテナの鏡が売れすぎで・・・やばい・・・
仕事が・・・ノルマが・・・

>ミスタードーナツ
たまに100円セールやってますよね

>偽物語のアニメ
そんなことより仮面ライダーフォーゼが面白い
そういや最近アニメ見てないな・・・

>風水のイメージが強いけれど
どっちかというと学者なんだよな・・・
天文学者だったり地質学者だったり
病気とかを予見したり厄災予見とかもそこらへん云々
しょうせつか・・・かけねぇ・・・汗
| ナナシ=ゴンベエ | 2012/04/21 6:04 AM |










http://sanablog.orgel.boo.jp/trackback/1048036