こわオルブログ

こわれたオルゴール管理人のさなスターが、
今日の教訓と愚痴と人生論を語りまくるブログ。
番外戦術
銀の剣と最後の怪物』を更新。
第17話「反抗する怪物」
第17.5話「Gift:服従」(番外)

いよいよ書くのが楽しくなってきた感。
勢いだけで書いてます。つまりそろそろ矛盾が生じる頃。
毎話のように登場人物を増やしているときつい・・・けど楽しい。
ようやくまともに決着がつく戦闘シーン。そう、こういうのが書きたかった。
一番書きたかった多対多の戦闘。と言っても心は見事にバラバラ。
一対一も良いですが私は多対多を推していきたい。このバラバラ感がたまらない。

読んだ人が「お前に任せてられるか、俺に書かせろ!」と奮起して、
こうやって推してる展開を昇華してもらうのが理想。
小説より漫画の方が好きですけど(ぇ

以下だべり。小説のネタバレ注意。
続きを読む >>
| サイト更新秘話 | 23:59 | comments(1) | - |
新しい仲間とそうでもない仲間
銀の剣と最後の怪物』を更新。
第15話「王に従う怪物」
第16話「眠りから覚める怪物」
書き溜めを放出したら無くなってしまった。もう悔いは無い・・・
通勤中など暇な時間に文章を考えているので遅筆に悩みにくくなってます。僅かに。
それでもいざ書き始めるとあっという間に一日が終わる・・・なんだこれ。

ここまでが中編の導入回になってます。というか前編含めて全編の導入回。
前編を読まずに中編から読み始めてもなんとかなるように心がけています。
ただ、中編からは視点がコロコロ変わるようになって話も複雑化します。
正直、最後まで掲載されてから読み始めるのがオススメです(涙

以下だべり。小説のネタバレ注意。
続きを読む >>
| サイト更新秘話 | 22:30 | comments(0) | - |
クライアントサーバ型おでんの日
銀の剣と最後の怪物』を更新。
第13話「次に会う怪物」
第14話「境を越える怪物」
いわゆる書き溜め放出ですね。次の更新はいつになるやら・・・
というか今年小説しか更新してない!
暗黒の一年間でした・・・何もかもがダメダメすぎる。
恒例だった「今年のおさらい記事」も必要ありませんね。泣ける。

中編突入。第一話先行公開。
私が一番書きたかったのは中編。
だから初期構想ではあと10話近く長引いたはずの前編を大幅短縮したのです。
それでもテーマ性を損なわずに書けた気がするので大満足です。

以下だべり。小説のネタバレ注意。
続きを読む >>
| サイト更新秘話 | 22:09 | comments(0) | - |
将来の夢はカオスになること
銀の剣と最後の怪物』を一挙更新。
第9話「恐怖を教える怪物」
第10話「行く手を阻む怪物」
第11話「突き落とす怪物」
第12話「栄光へ誘う怪物」
サブタイトル案がネタ切れになりそうになくて一安心です(笑)
前編はほぼ終了。全ては中編と後編のための布石に過ぎないのです。個人的に。
・・・13話で終わりって、キリが悪いというか縁起が悪いですね。
それを言ったら1クールアニメなんて…という感じですけども。

書き始めより推敲の方が楽しくてずっと推敲してました。
でも本当に面白いのは中編なので、さっさと中編執筆したくなって公開。
現実の忙しさに抵抗し過ぎている気がする・・・

以下、だべり。小説のネタバレ注意。
続きを読む >>
| サイト更新秘話 | 18:25 | comments(4) | - |
南蛮ガンマン賛嘆弾丸
銀の剣と最後の怪物』第8話「先を進む怪物」を更新。
私も早く卒論を終わらせて先に進みたい・・・
ゲーム制作できない鬱憤を小説で晴らしてます。
と言っても、書き溜めを放出してるだけなんですけどね。

前書きを若干変えてみました。今後も推敲して変えていくかも。
前書きに全力投球することで、本編を読まない人にも楽しさを提供できる可能性が生まれるはず。
あえてネタバレをすることで増す面白さもあるはず。
むしろ情報を小出しにした方が内容が気になるはず。
その実、グダグダ書き殴ったものを作品外で整理するという姑息な技。
書きながら「あ、こういう展開にするのもいいな」とか考えてました。
意外な所で役に立ちました。やってみるものですね。

以下、だべり。設定を書いてみるとか。
続きを読む >>
| サイト更新秘話 | 17:15 | comments(3) | - |
2012年と90ヶ月
2012年も終わってしまいました。
大学生活の忙しい部分がモロに出て忙殺状態のまま、
小説くらいしか更新できないまま一年が終わってしまう・・・
無念です。口惜しいです。
振り返って次に活かしたい・・・何とかしたい。

以下、1年を振り返ってみる。
続きを読む >>
| サイト更新秘話 | 17:02 | comments(1) | - |
高熱ホットヒート現象
寒いのでタイトルで暖をとります(ぇ
読み返してみれば、前の冬の記事でも寒い寒いと書いてますね。
同じくらいの寒さかな?

銀の剣と最後の怪物』第7話「水面を揺らす怪物」を更新。
皆さん、水面を揺らしていますか?
こわオルは水面を揺らす皆様を応援しています。
ちなみに水面は「みなも」と読んだ方が語呂が良いです。何でもいいですけど。

・・・今回は特に語ることが無い。
はたから見ればちょっとぬるめのバトル展開。
トカゲたちの強さがあまり発揮されない場面が続いてます。
熱いバトルを展開するにはまだまだ役者が揃っていないのです。
ジャスミンさんマジ行商人。誰をモデルに作ったかが思い出せないのが唯一の難点。
機械弓の細部を説明しようにも、言葉が見つからない。いつものぼんやりイメージ。
マーガレットとリカレンスは出番なし。脇役の活躍が私の大好物です。
そんな感じです。いつもこれくらい短く済めばいいのに。
| サイト更新秘話 | 21:30 | comments(0) | - |
歴史は繰り上がる
小説の話。
元「怪物たちの夜は明ける」
タイトルをまた変更・・・これで3回目です。
3度目の正直。二度と変えない心構えで踏み切りました。
改め『銀の剣と最後の怪物』です。
剣は「つるぎ」と読みます。略称は特に決まってないです。
被ってないかどうかググったら、第1話が検索結果の上位に食い込んだ。
その結果に意味は無いですが、何故か誇らしい気分になりました。
変更理由である「最終章までのプロットが固まってきたから」というのは、
そう書くこと自体が盛大なネタバレになるようなならないような・・・

以下だべり。第6話「過去を持つ怪物」の話。
続きを読む >>
| サイト更新秘話 | 17:18 | comments(2) | - |
オール添加
小説「怪物たちの夜は明ける」の第5話を公開した話。
サブタイトルは「群れを成す怪物」。
1話から毎回そうなんですが、複数の登場人物に当てはまる副題をつけてます。
ダブルミーニングってやつですかね。
文章を書いていると、偏った一方向に意識が誘導されてしまい、
ついつい似たような性質のものを何度も登場させてしまうこと、よくあると思います。
それがきっと「テーマ」と呼ばれて有り難がられる物の正体なのでしょう。

忙しいのに複数のゲームのやり込みを同時に始めてしまって、
小説に費やす時間が減ってるんですが、小説を書くのが一番楽しい・・・
読むのが苦手でも、書くのは楽しい。下手の横好き=誰得。
厳密に言うと、ネタを練るのが一番なんですけどね。書くのはちょっとつらい。

以下だべり。設定を語ったりとか。
続きを読む >>
| サイト更新秘話 | 23:59 | comments(1) | - |
戦略的倦怠
小説「怪物たちの夜は明ける」の3話と4話を同時公開した話。
サブタイトルは「夜空を飛ぶ怪物」と「乗せて歩く怪物」。
ストックも無いのに自分を追い込んでいく立ち回り。

1話と2話の修正もしましたが、僅かなものです。
「女性」呼ばわりを「女」に変更してみました。ある方からの指摘で。
口語では前者が一般的ですが、文語では後者が一般的だとか。よく分かりませんが。

早く序盤を突破して執筆ペース上げたい・・・
と言うのも、脳内プロットが序盤だけやけに曖昧なんですよね。
ただ伏線撒きまくるだけなんですが、気を抜くと中途半端になってしまう。
間取りは決まっているのに家具のレイアウトが決まらないような、そんな感じ。
時間に余裕があるので、じっくり考えて行きたい所です。
書いてしまったら大きな変更はできないですから・・・

以下だべり。解説という名の個人的感想とか。
続きを読む >>
| サイト更新秘話 | 15:49 | comments(3) | - |